音の日

好きな音楽、その他趣味のこと

Dir en Grey『Conceived Sorrow』

今日はDir en Grey『Conceived Sorrow』を聴いた感想を。


アルバム「The Marrow of a Bone」収録。

この曲は、日本のロックバンドDir en Greyが2007年に発表したロックバラードです。


非常にどろどろとしているのに、不思議と清らかな印象の曲。


始まりは低音域のピアノによるイントロ。

和製ホラー映画のBGMのような冷たいメロディです。

入りの暗さはDir en Greyの楽曲の中でもトップクラスだと思います。


そこから京の歌声が入りますが、それもかなりの低音。

囁きを通り越して「呟き」のような歌唱法です。

変な例えですが、聴き手に催眠術をかけるような歌い方ではないでしょうか。

A~Bメロでは極めて冷静、冷淡な声色音色で進んでいきますが、しかしサビは逆。

さっきまで落ち着いていながら溜め込んだ感情を一息に吐き出すような、大音量の演奏。

Voのキーも凄まじく、大サビにおいては最高でhiF#もの声を出しています。

まるで感情の量が、そのままキーの高さに表れたようですよね。

日本の歌謡曲のような情緒的な歌メロが、洋楽的なバックの演奏と好対称を成しています。


突き刺さるのは歌詞。

「涙も嘘も愛も許せない俺が大嫌いで…」
「でも戻れないから…」

おそらく「涙は嘘泣きに見えるし騙されるのは
嫌いだし、愛は偽善に見える。そんな歪んだ目線を持つ自分が1番許せない。けれど今さら善人になることもできない。」という意味でしょうか。

陰鬱な本音を、ここまでストレートに綴った詞も珍しいと思います。

一般的には「なんてひねくれた詞だ」と思われかねないフレーズ。

ですが世の中には、この詞と同じ内容の悩みを抱えた人が沢山居るのも事実なんですよね。

世の中が優しいものをそのまま受け入れられる人ばかりではない、というか。

京が書く歌詞に救われた人も大勢居るんだと思います。


悔しさと切なさが込められた曲を聴いてみてください。



それでは。






ホワイトスネイク「Still of the Night」

今日はWhitesnake『Still of the Night』について。


アルバム「Whitesnake(邦題.白蛇の紋章~サーペンス・アルバス)」収録。

この曲は、イギリスのロックバンドWhitesnakeが1987年に発表したヘヴィメタルです。

壮大なHR/HM

ストリングスの使用量は現代のシンフォニックバンド程ではないのに、感覚的なスケールの大きさは並のシンフォニックメタルを優に越えています。


始まりは「これぞブリディッシュメタル!」というくらい王道なギターイントロとヴォーカルで聴き手を熱くしてくれます。

しかしそのまま予定調和では進まないのがWhitesnake

中盤から実際のヴァイオリン弦を使用したストリングス奏法が導入。

雰囲気がガラッと変わり、ジャンル自体が違う曲になったような変化をを見せてくれます。

映画でいう場面転換のようです。

それとジョン・サイクス(Gt)のソロが凄い。

ディレイに耳をとられると聴き逃してしまいそうになりますが、鬼のような速弾き。

光線でも発射しているようです。笑

驚きなのは、これが全てピッキングによる演奏ということ。

「フルピッキングにおいては右に出るものはいない」とまでジョンの持ち味が存分に発揮されたプレイではないでしょうか。

極めつけはデイヴィッド・カヴァデール(Vo)。

血管が切れそうな程の声量、ハイトーンボイスを精密に発声しています。

女性音域を男らしさ全開の声で歌えるのが彼の個性ですよね。

シャウトの分厚さが凄いです。

純粋に歌唱力自体も素晴らしく、ライブにおいても難易度の高いボーカルプレイを軽々再現しています。

名と実を兼ね備えた稀有なボーカルではないでしょうか。


荒々しくも高級感のあるHR/HMを聴いてみてください。



それでは。





DREAMS COME TRUE『LOVE LOVE LOVE』

今日はDREAMS COME TRUE『LOVE LOVE LOVE』について。


この曲は、日本のバンドDREAMS COME TRUEが1995年にリリースしたポップバラードです。

2ミリオン達成曲。

豊川悦司常盤貴子が出演したことでも知られるドラマ「愛していると言ってくれ」の主題歌としても有名です。


ドラマが海外でも放送されたからか、世界的にも知名度がある曲。

ネットにこの曲がアップされると

「私が死んだとき これを流して欲しい」
「17歳のときこの曲を聴いて 今29歳だけどこの曲が大好き」
「子供のころの一番の思い出」

など、外国語で歓喜のコメント並びます。

海外の人から一過性ではなく、10年以上愛されるというのは凄いですよね。


内容的には曲が進むにつれてどんどん迫力を増していく、いわゆる末広がり型の曲。

イントロではチェンバロ(?)のしとやかな音から
始まり、クライマックスでは吉田美和(Vo)の高音が
ずっしりとした圧力でもって聴き手の胸に迫ってきます。

日本のメジャー女性ヴォーカリストの威厳を見せつけるような歌声です。

実際、アマチュア女性ヴォーカリストの人達は「吉田美和MISIA安室奈美恵」の誰かに憧れてプロ歌手を目指すパターンが多いとのこと。


実は、クレジット上は吉田美和が作詞ですが、元々は中村正人(Ba)が作詞したものを、後から吉田美和が書き直した作品。

元のタイトルは「ホワイトデー」。

中村正人本人がブログにおいて

「20代の時、付き合ってた彼女からバレンタインデーにシャツをもらったお返しに、ホワイトデーの贈り物として作った曲。」

 「誕生日に手描きの水彩画を送ったり、ホワイトデーに自作自演の曲を送ったり、なんか外してるよね、青春時代の中村正人。」

と、いつもの飄飄とした文体で語っています。笑

「ホワイトデー」というタイトルもそれはそれで良いな、と思ったのは僕だけじゃないのではないでしょうか。


「Love Love 愛を叫ぼう 愛を呼ぼう」

これ以上はない、という程ストレートな恋愛ソングの歌詞。

にも関わらず不思議と聴いていて心地いいフレーズなんですよね。

それはやはり吉田美和の歌唱力、中村正人の創作力の化学反応から生まれた、感情表現力の賜物なんだと思います。

繰り返し続く言葉、旋律というシンプルな表現はアーティスト本人の技量を浮き彫りにしてしまうもの。


逆に言えばDREAMS COME TRUEは、この曲で彼ら自身の音楽家として才能を改めて証明した、と言えるのではないでしょうか。


ピュアで濃密なラブソングを聴いてみてください。



それでは。





ナイトメア『レゾンデートル』

今日はナイトメア『レゾンデートル』を聴いた感想を。


この曲は日本のロックバンド、ナイトメアが2007年にリリースしたポップロックです。

桑島典子、高城元気井上喜久子が声優として出演していることでも知られるアニメ「CLAYMORE」のOPテーマとしても有名。


ナイトメアの新境地とも言える曲。

今までの曲は彼ら独自の妖しさを織り混ぜながらも、彼ら自身がリスペクトしているLuna SeaやXjapanの影響が色濃く表れた楽曲が多かったイメージですが、この曲はピュアにナイトメア自身の土壌から生み出された曲、という印象です。


Yomi(Vo)の歌唱力が数段アップ。

発声がよりスムーズになったのか、中音域の倍音がかなり深くなっていると思います。

Aメロのハモりパートには一瞬で魅了されてしまいました。笑


曲調的には、良い意味でヴィジュアル系バンドのエレガントさを残しながらダンスミュージックに近いリズムで進行していきます。

速すぎないテンポが、かなり凝った音の動きかたを演出することに成功しています。


「生きる意味など知らないままでいい」
「いつか笑える日が来るのならば」

歌詞が良い。

タイトルのレゾンデートルとは元々は哲学用語の一つで、フランス語で「存在理由」あるいは「存在意義」という意味。

「人生は何を考えようが、最後に幸せになれればそれで良いんだ」という、ある意味人生の本質を突いたメッセージの気がします。

その鋭利な世界観の楽曲は、アニメのタイアップ効果もあってオリコン週間チャートで初登場3位、と自己最高を記録しました。

あらゆるニュアンスで彼らの方向を変えた曲です。


鋭いようで温かい想いが込められた曲を聴いてみてください。



それでは。





ボン・ジョヴィ『It's My Life』

今日はBon Jovi『It's My Life』について。


この曲は、アメリカのロックバンドBon Joviが2000年にリリースしたハードロックです。

日本電気NEC)のノートパソコン「LaVie S」シリーズのCMソングとしても知られています。


とても熱い曲。

「永遠に生きるわけじゃない」
「今この瞬間を 生きたいだけなんだ」

「ロックの原点」とも言えるようなメッセージが込められています。

「フランキーが言ってたみたいに 俺は 俺の道を歩いてきた」

「フランキー」とはフランク・シナトラのこと。

フランクは「My Way」という曲で独自の人生論を綴った歌詞を描いていますが、そのフランクを尊敬しているジョン(Vo)が「自分は今、フランクが言うように自分の道を歩んでいる」と語っています。

ちなみにこの詞にも「Livin' on a Prayer」に歌詞に登場したトミーとジーナが存在します。

「理想を捨てずに懸命に生きる」という、同種のメッセージが込められているからかもしれませんね。


曲調はヘヴィながら親しみやすいもの。

イントロの重低音の時点でずっしりと聴き手の耳に迫ってきます 。

けれど歌メロ自体はBon Joviの中でも最もポップな部類に入るメロディの為、重くても重苦しさはありません。

ハードな演奏、歌声なのに不思議と透明感さえ感じます。

ミドルテンポですが、アップテンポのロックとはまた質の違う威厳があるのではないでしょうか。

コーラスの垣根を越えてほとんどツインボーカル状態のリッチー・サンボラ(Gt)のよく通る声が、ジョンの硬質な歌声と絶妙なデュエットを演出してくれています。

一度間を開けてからの急に来る転調は鳥肌もの。

この表現も「Livin' on a Prayer」に通じるところがあると思います。


アメリカンロックのノリの良さの中にも、ほのかに哀愁を含んだ曲を聴いてみてください。



それでは。





L'Arc~en~Ciel『Heaven’s Drive』

今日はL'Arc~en~Ciel『Heaven’s Drive』を聴いた感想を。


この曲は日本のロックバンドL'Arc~en~Cielが1999年にリリースしたロックチューンです。


作詞・曲共にhyde

かなり挑戦的な曲。

「傷口をなぞって 喘ぐ声が好きなんだ」
「そんなレンズ越しの蛇に遊ばれて 囚われた気分さ」

艶やかなようで暗い歌詞です。

ファンの間では「プライベートまで追いかけてくる一部のマスコミを皮肉った詞では」という説もあります。

90年代後期と言えばラルクの人気が本格化してきて、良い意味でもそうじゃない意味でも彼らが注目されだした時期。

スターバンドとして名を馳せていた裏側では、それ相応の葛藤もあったのかもしれませんね。


歌詞同様サウンドもかなり重く、L'Arc~en~Cielの中でもロック成分がかなり強いです。

かなりハードロックより思います。

しかしかっこいいのが、激しいだけじゃなくラルクらしい細やかな工夫が散りばめられているところ。

ken(Gt)のソロに、全くタイプが異なる2つのメロディが混在しています。

まるで2人のギタリストがそれぞれ違うメロディを演奏しているよう。

それでいて矛盾や違和感を感じさせないのが彼のセンスですよね。

何より驚愕なのはtetsuya(Ba)のベース。

本当に大暴れ。笑

音があっちこっちに跳び跳ねて、他のパートを呑み込みそうな程です。

聞くとところによると、バンドスコアによればベースにトリルまで導入しているとのこと。

ちなみにtetsuyaが弾くベースラインについて、プロデューサーの岡野ハジメは「彼のベーシストとしてのキャリアの中で三本指に入るいいテイクだと思う」とまで評しています。

日本のベースヒーローの本領が発揮されたプレイではないでしょうか。


基本的にはポップを演奏することが多いL'Arc~en~Cielの2つ目の顔である、破壊的なロック曲を聴いてみてください。



それでは。






KAN『愛は勝つ』

今日はKAN『愛は勝つ』について。


この曲は、日本のシンガー・ソングライターKANが1990年にリリースしたポップバラードです。

2ミリオン達成曲。

山田邦子所ジョージ関根勤が出演していたことでも知られる番組「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」の挿入歌としても有名な曲です。


日本一有名な応援歌ポップス。

終始変わらないリズムパターン、4分のピアノ、コーラスなどの組み合わせは、KAN自身が敬愛するアーティスト、ビリー・ジョエルの楽曲「アップタウン・ガール」に感化されたもの。

大事なところで転調を織り混ぜる展開がおいしいです。


大ヒット曲ですが、チャート初登場は意外にも99位。
そこから10週間以上かけて1位に駆け上がりました。

邦楽ポップの歴史の中でも、珍しいタイプの売れ方だと思います。

「どんなに困難でくじけそうでも 信じることさ必ず最後に愛は勝つ」の歌詞に似合うのではないでしょうか。

一見するととてもポジティブな歌。

ですが、元々はプライベートで友人から恋愛相談を受けたKANが、「お前そりゃどう転んでもうまくいかないだろう」と思いながらも、「せめて歌の中ではうまくいけばいいな」と作曲した曲とのこと。笑

ちなみにそれを暗示してか、B面のタイトルは「それでもふられてしまう男」。

前向きな歌の代表格、という世間のイメージとは逆に近いエビソードではないでしょうか。

よく詞を読むと、

「求めてうばわれて」
「与えてうらぎられ愛は育つもの」

と、けっこう厳しいことも言ってるんですよね。

ですがただ「愛は良いもの」「愛は尊いもの」と手放しで愛の素晴しさを羅列した詞よりも、かえって
聴き手を鼓舞してくれるのではないでしょうか。

酸いも甘いも噛み分けた「大人の応援」をしてくれた気になれるというか。

実は大ヒットの要因の1つなのかもしれませんね。


ドライなようでとても熱いアンセムを聴いてみてください。



それでは。