音の日

好きな音楽、その他趣味のこと

イン・フレイムス『Embody the Invisible』

今日はIn Frames『Embody the Invisible』を聴いた感想を。


アルバム「Colony」収録。

この曲は、スウェーデンHR/HMバンドIn Framesが1999年に発表したメロディックデスメタルです。


「Stand Ablaze」と並ぶイン・フレイムスの代表曲。

「Stand Ablaze」が哀愁のある情感的な作風なのに対し、この『Embody the Invisible』は爽快感のある、80年代の硬派なヘヴィーメタルの成分が強い印象です。

ただし、メロディックデスメタルでありながらミドルテンポという点は共通。

イン・フレイムスと言えばデスメタル曲でも「速さ」をあえて抑える表現を多用する事でも有名なバンド。

その玄人好みの作風を往年のメタルファンから愛されてきた彼らですが、その渋味は本作でも健在です。


特に素晴らしいのがイェスパー・ストロムブラード(Gt)、ビョーン・イエロッテ(Gt)によるツインリード。

アイアン・メイデンジューダス・プリーストへの敬意を感じるギターメロディ。

テンポがあまり速くない分、隅々までメロディが詰め込まれ、美麗に旋律が動きまくっています。

このボップ色が強いキャッチーメロディをあえてデスメタルに織り込むコンセプトは、まるでこの同時期にメロデス界を席巻していたバンド、チルドレン・オブ・ボドム、アーチ・エネミーにバチバチに勝負を挑んでいるかのようです。笑


ただ、リードギターのメロディが澄んでいる、という点はイン・フレイムスのこれまでの作品と同じなのですが、本作はリフも凄い。

かなりトリッキーに和音を刻んでおり、「メタルは、リフがかっこ良いかどうか」という層にも響く、激熱なリズムでバックを支えています。

そのリフが、一曲の中に自己主張の激しいパートと、またひっそりと後ろを支えるパートの2段構造になっているところもポイントが高い。

イン・フレイムスはこの辺りからリフがかっこ良くなった」と称えるファンが多いのも、この曲を聞けば解ると思います。

ソロ、リフ、ギターパートのどこを聴いても隙がないメタルです。


メロディを極めたメロデスを聴いてみてください。



それでは。





アンスラックス『Gung-Ho』

今日はANTHRAX『Gung-Ho』について。


アルバム「Spreading the Disease」収録。(邦題:狂気のスラッシュ感染)


この曲は、アメリカのHR/HMバンドANTHRAXが1985年に発表したスラッシュメタルです。


アンスラックス全作品の中でも1、2を争う衝撃度の曲。

チャーリー・ベナンテ (Ds)が楽曲の大半でツーバス踏みっぱなしなのもありますが、曲が実際のテンポよりもかなりスピーディに聴こえます。

というのも本作のレコーディング、メトロノーム不使用。

その為パートごとに若干リズムが変わって、あるパートでは少し遅くなって、逆に盛り上がるパートでは速くなって、を繰り返していきます。

その緩急が聴き手の体感速度を上げているんですね。

そのリズムの緩急に加えて、サビでのコーラスのパワーが加わって、1度聴いただけで忘れらなくなる程の迫力とインパクトが発揮されていきます。

また速いだけじゃなく、ジョーイ・ベラドナ (Vo)の歌メロも、かなり整ったメロディ。

圧力が凄い曲ですが、どこかスッキリして聴こえるのは、この歌メロの要素が強い。

個人的にはこういう勢いの中にもメロディがあるメタルは好きです。


そして本作の真骨頂。

ラストの「悪ノリ」パート。笑

約3分30秒付近から始まるのですが、急に行進曲→祝祭時のBGMのようなメロディが始まり、更に「アアァッ」「ワアァッ」など雄叫びが鳴り響く、謎のノリが繰り広げられます。

途中まで割と王道のスラッシュメタルだったのに、何の前触れもなくいきなり遊び始め、そしてそのまま終わっていく。笑

リスナーを笑わせたかったんだと思いますが、やんちゃバンドで有名なアンスラックスらしい手法でもありますよね。

アンスラックスと言えばメタリカメガデス、スレイヤーと並ぶ、いわゆる「スラッシュメタル四天王」の一角。

ただ、こういう天真爛漫なパーティー気質は、他の3バンドにはあまり見られないアンスラックスならではの個性。

基本的にはスリリングに展開するスラッシュメタルに、あえてこういう遊びを入れる冒険心が、この曲が発表後30年以上経過しても未だに根強い人気を保っている要因ではないでしょうか。

身近感のあるHR/HM曲です。


心地よい明るさのあるスラッシュメタルを聴いてみてください。



それでは。





スピッツ『渚』

今日はスピッツ『渚』について。


この曲は日本のロックバンド、スピッツが1996年にリリースしたポップロックです。


﨑山龍男(Ds)のドラムが凄まじい曲。

ファンの間では「ドラム音がリフ」と評される程メロディックなビートで、本作の中枢を成していると言っても過言では無い存在感を発揮しています。

特に良い所が、後半に進むにつれて音数がどんどん増えていくところ。

Aメロではシンバルとバスドラのみ使用したプレイで、静寂感を演出。

しかしBメロに入ると、満を持してスネア音が出現。

全体的に手数が増えていって、グルーヴに厚みが増していきます。

ドラム音でここまでのストーリー性を表現できるのは凄い。

なぜこういう構成にしたかというと、おそらくですがタイトルの『渚』。

『渚』とは「波打ち際」という意味があり、この退いたかと思えば次には押し返してくるようなリズムのビートは、まるで渚の波を連想させます。

そもそも『渚』のタイトルの由来は、歌詞の内容が

「ささやく冗談で いつもつながりを信じていた」

「ねじ曲げた思い出も 捨てられず生きてきた ギリギリ妄想だけで 君と」

など、おそらく

「実際に告白して付き合うまではできなかったけど、きっと両想いだったんだと信じたい」

と希望的観測を抱いている主人公の心境。

要は

「きっと相思相愛だったんだ」

と希望を抱いている気持ちと、

「でもそれは、ただの自分にとって都合の良い思い込みなんだろうな」

とネガティブに思う気持ちが、まるで陸でも海でもない「渚(波打ち際)」のようだと例えて生み出されたものだからなんですよね。(あくまで多分ですが)

そんな主人公のジレンマを、ドラムのリズムの濃淡でここまで表現できる﨑山龍男のドラミングには、一種のボーカルメロディのような歌心さえ感じます。


ふつう、一般のドラマーならこういうポップス系のドラムはもっとおとなしいリズムを刻むもの。

ただし﨑山龍男は、学生時代は、ヘヴィーメタルバンドのメンバー。

また、影響を受けたドラマーにLOUDNESS樋口宗孝を挙げたりと、実はルーツにヘヴィーメタルを持つドラマー。

きっとそのキャリアがこの多彩な音数のドラムテクニックを作りあげたのだと思いますが、草野正宗(Vo)の透明感のある歌声と相まって、複数のメロディが折り重なって、一曲の中にいくつものメロディが溶け合ったような重厚な構造の曲になっていると思います。

スピッツメンバー全員がメインメロディ担当と言うべきスケールが本作の持ち味です。


軽やかなヘヴィさを持つ曲を聴いてみてください。



それでは。






Vow Wow『Mountain Top』

今日はVow Wow『Mountain Top』を聴いた感想を。


アルバム「Mountain Top」収録。

この曲は、日本のHR/HMバンドVow Wowが1990年に発表したメロディアス・ハードロックです。

タイトルの読みは「マウンテン・トップ」。


「音」が極めて研ぎ澄まされた曲。

収録アルバムが、世界で5本の指に入るプロデューサーの1人と呼ばれるボブ・エズリン。

ディープ・パープル、キッス、エアロスミスなど超一流バンド達をプロデュースしてきた超大物ですが、彼が手掛けたとあって、サウンドが非の打ち所が無いほど高品質です。

そうでなくとも、そもそもVow Wow自体が非常に演奏力の高いバンド。

名プレイヤーと名プロデューサーの共演と言う事で、サウンド・プロダクションはロックファンなら誰もが唸るであろう、極上の音に仕上がっていると思います。

中には、音色がくっきりし過ぎている事で「サウンドがヘヴィー過ぎる」と敬遠する人もいたようですが、そういう人も1度通して聴くとクセになってしまい、「今では好き」になる事が多い模様。

ギターリフの中毒性も凄まじいです。


そして、相変わらず人見元基(ボーカル)の声が凄い。

人見元基といえば、B'zの稲葉浩志がリスペクトするボーカルとして彼の名前を出したり、メタルシンガーのバーバラアキタダから
「人見元基さんは、世界で通用する実力派のボーカリスト。凄かった」
と評されたり、とにかく業界人からの評価が高い歌手。

Vow Wowがイギリスで活動した時は、超辛口で有名なイギリスの音楽評論家に

「人見元基の発音・歌唱はツェッペリンロバート・プラントに匹敵する」

と語られるなど、名実共に日本が世界に誇る最高のHR/HMボーカリスト

その生きる伝説の声がボブ・エズリンの紡ぐ最高のクオリティのサウンドに引き立てられ、極上の響きに仕上げられています。

数年前のライブでも当時ほぼ還暦だったのに、
、若い時とほとんど変わらない声のまましかも4時間のライブでもほとんど声を枯らさず歌い上げる、という怪物ぶりを披露。

それだけの歌唱モンスターが、美麗なサビメロを歌うとあって、優美さが異次元の領域まで到達しています。

ロディアス・ハードロックというのは音がダメでもメロディがダメでも成り立ちませんが、本作は優れた音と優れたメロディが掛け合わされた、最高品質のHR/HMバラードと言えるのではないでしょうか。

『Mountain Top』(山の頂上)。

感傷的で、でも芯のあるタイトルに相応しい曲です。


時代の流れを感じさせない、ジャパメタ最高峰のサウンドのロックを聴いてみてください。



それでは。






アリス・クーパー『School's Out』

今日はAlice Cooper『School's Out』について。


この曲はアメリカのHR/HMバンドAlice Cooperが1972年にリリースしたハードロックです。


生粋のハードロックというべき曲。

元々はグレン・バクストン(Gt)の生み出したギターリフを元に色んな要素を足していって作られた作品との事。

硬派なロックリフで、古参のHR/HMファンなら誰もが唸るハードボイルドさを醸し出しています。

かと思えばまるでボレロのようなビートになったり、子供たちの声でのコーラスが入ったりと、とても自由。

聴き手が楽しめるような工夫が散りばめられいて、遊び心がある所がかっこいいです。

なぜこうした“遊び”を取り入れたのかと言うと、それはきっと歌詞の関係。

「夏休みだ」
「学校とは永遠にさよなら」
「学校なんて木っ端微塵」

歌詞のテーマは「永遠の夏休み」。

アリス・クーパー(Vo)とバンド・メンバーは少年時代、クリスマスの朝と学校が休みに入る直前を「人生で最も偉大な3分間」と思っていたそう。

「その3分間を歌の中に捕らえられたら、凄いことになるだろうな」と考えてこの歌詞が生まれた、と語られています。

そして、その目論みは大当たり。

この『School's Out』は、アメリカのビルボードホットチャート100で、初の全米トップ10ヒット。

さらに全英シングルチャートでも1位を獲得。

アリス・クーパー史上最大のヒット曲になりました。

本人たちはこの曲についてインタビューで「”スクールズ・アウト”を仕上げた時、我々は国歌を作ったのだと悟った」とまで答えています。笑

日本人のアーティストには、なかなか見ないレベルの自信たっぷり感ですが、それに相応しい人気と鼓膜に焼き付くようなインパクト誇る曲でもあります。

良いのはやっぱりサビメロ。

めちゃくちゃにキャッチーで、後のクイーンの「We Will Rock You」に匹敵するほどの覚えやすささです。

クーパーの雄叫びのようなパワフルな声と相まって、聴いているこちらも一緒に歌いたくなるエネルギーを感じます。

クーパーは以前

「ミュージシャンっていうのは、ただの大きな子供だよ。もちろん僕達は一生懸命に働いているけれど、基本的に自分のやりたいことをやっているだけさ。」

と語っていましたが、まるで、そんな情熱と責任感をもつ少年のマインドが、そのまま歌声に込もっているよう。

週刊少年ジャンプの伝説的マンガ「銀魂」の主人公のセリフに「人生を楽しむコツは童心を忘れねーことだよ」とあります。

この『School's Out』は大人が忘れがちな、良い意味で生意気で自由な子供の心を思い出させてくれる曲だと思います。

ノストラジックなのに楽しい歌です。


フリーダムな大人の曲を聴いてみてください。



それでは。






アヴェンジド・セヴンフォールド『Afterlife』

今日はAvenged Sevenfold『Afterlife』について。


アルバム「Avenged Sevenfold」収録。

この曲はアメリカのHR/HMバンドAvenged Sevenfoldが2007年に発表したメタルコアです。


ギターが大活躍する曲。

入りのヴァイオリンの直後に流れるシニスターゲイツ(Gt)とザッキー・ヴェンジェンス(Gt)のツインギターのハモりがとても美しいです。

まるで格闘ゲームのBGMのようで似てリスナーの脳内にアドレナリンをドプドプと量産させていきます。

そうしたメロディアス・パートもさることながら、超目立っているのは、やはりゲイツの奏でるソロパート。

クリス・インペリテリに匹敵するような爆速プレイ。

ゲイツと言えば2010年にギター・ワールド誌で、

「永遠の最優秀ギタリスト30人」

の内の1人に選出され、また

「ギター・ヒーローが選ぶ50人の最速ギタリスト」

の1人に選ばれた事もある、とにかくテクニックと速弾きのスキルが極めて高い事に定評があるギタリスト。

その業界人からもリスペクトされる技術が遺憾なく発揮されています。

1日8時間ギターの練習する事もあったようですが、普通の社会人が出勤のタイムカードを切って、退勤でまた切るぐらいの時間弾きっ放しだったと考えると相当ですよね。笑

ロディアス・パートとスピード・パートのWパンチが本作の真骨頂ではないでしょうか。

以前、ゲイツ

「僕達はイメージをとても重要視しているし、全てを兼ね備えていたいんだよ。僕達が子供の頃に好きだったバンドには全てが備わっていた。」

と語っていたように美旋律で迫力もあって、テクニカルで展開も劇的なこの『Afterlife』は、まさにその言葉を体現した曲と言えます。

HR/HM曲として、限りなく十全に近い作品です。

バンドの公式ウェブサイトで実施された人気投票で、1位に輝いた曲を聴いてみてください。



それでは。





Sex Machineguns『サスペンス劇場』

今日はSex Machineguns『サスペンス劇場』について。


この曲は、日本のHR/HMバンドSex Machinegunsが2005年にリリースしたパワーメタルです。



マシンガンズとしてはおそらく初の、ストリングスを使用した曲。

ストリングスといっても北欧メタルのような壮大さで勝負するものではなく、あくまでへヴィなギターリフをメインに、その隣でしっとりと鳴らせているイメージです。

火曜日の『サスペンス劇場』感を出す為の試みなのでしょうが、ささやかなようで存在感を発揮しているプレイだと思います。


この曲で光るのはANCHANG(Vo)の歌声。

非常に太い中音域と、金切り声のようなハイトーンシャウトの使い分けが彼のスタイルですが、その差が本作では他の作品以上に極端。

「間違い探しに行く真昼のマダム お気に入りがなくてご機嫌斜め 」

までのAメロ部分の地鳴りのように男らしい中音域から

「かわいそうなあなたサスペンスだね 旅路の果て出会う犯人は誰?」

への絞りだしたような高音域の対比は、もはや別の曲を歌っているよう。

ただ個人的にはこの中音域の鳴り方が好き。

声を骨格に響かせながら、まるで空間に広がらせていくような発声は、綺麗で耳心地が良いです。

特に後半の

「ああ、伝えて命の、ああ、ぬくもりを」
「 さよなら。 私が、そう、 愛していた。」

での歌声は本作のハイライト。

更に、そこからハイトーンのサビに入ってラストでメタルシャウト、そして終わりを迎える締め方は、この曲の完成度の高さを物語っていると思います。


「そこに、あなたが……」のAメロをはじめて聴いた時も「ハイトーンじゃない時のAnchangってこんなになめらかな声出るんだ」と思いましたけど、この『サスペンス劇場』の中音域の発声もそれに匹敵する美しさ。

低~中音にも味がある、HR/HMシンガーでは稀な才能の持ち主の歌い手ではないでしょうか。

華やかさというより、渋さを感じる声です。

スリリングな哀愁のあるサウンドとメロディの曲を聴いてみてください。



それでは。