音の日

好きな音楽、その他趣味のこと

宇多田ヒカル『初恋』

今日は宇多田ヒカル『初恋』について。


この曲は、日本のシンガー・ソングライター宇多田ヒカルが2018年にリリースしたポップバラードです。

杉咲花平野紫耀中川大志濱田龍臣出演している事でも知られるドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」のイメージソングとしても有名。


宇多田ヒカル自身の変化を感じられる曲。

元々彼女は初期の「Automatic」に見られるように、日本のポップスを基盤にR&Bのリズムを取り入れた楽曲を持ち味にしていたイメージ。

ですがそれが本作では一転。

まるでポップスと民謡とオペラを足して3で割ったような、神秘的で素朴な佇まいの楽曲に成っています。

ビートがすっきりしている分、彼女自身の歌声が際立ち、声で聴かせる「歌モノ」として聴き手を楽しませてくれる曲です。

古参の宇多田ヒカルのファン間では賛否あるのかもしれませんが、個人的には純粋で好きな曲調です。


歌詞は、聴き手の真に迫るような内容。

「どうしようもないことを人のせいにしては」
「受け入れてる振りをしていたんだ ずっと」

インタビューでの宇多田ヒカル自身の発言によると「他者との関わり合いの中で、自分を知ること」をテーマにしている、との事。

『初恋』という、一般的には青春というか若さすら感じるタイトルの曲に、

「その感情を通して、自分の振る舞いを俯瞰して見る事ができた」

とある種哲学的に大人びたメッセージを込める所が面白い。

宇多田ヒカルの代表作のひとつの「First Love」も直訳は「初恋」。

ですが、切なさを感じられる「First Love」とは別にその切なささえ成長の為の糧にしよう、という強さのようなものが込められたバラードだと思います。


しなやかで力強い想いが込められた曲を聴いてみてください。



それでは。





田所あずさ『DEAREST DROP』

今日は田所あずさDEAREST DROP』を聴いた感想を。


この曲は日本の声優兼歌手、田所あずさが2017年にリリースしたポップロックです。

田所あずさ本人、新井良平井上喜久子が声優として出演している事でも知られるアニメ「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」のOPテーマとしても有名。


「何回目の明日が来るのか わからない夜なら名前を呼ばれたい」
「だって胸が痛い 痛くて張り裂けそうだ」

間もなく戦争で命を失う事になっているヒロインの、愛する人への切実なメッセージが込められたこの曲は、スピーディなのギターにのる悲しげなメロディが美しい曲。

サウンド自体はポップスよりですが、ドライブ感のある音の動きがHRに近く、聴き手の耳にズンズンと迫る圧力を放っています。

髭白健のドラムもドカドカと大暴れ。

それでいてバックで鳴る名ヴァイオリニスト室屋光一郎の繊細なストリングス、そして何より歌い手の田所あずさ(Vo)の健気な歌声が叙情的で、激しい演奏陣と好対称を演出。

田所あずさの、A~Bメロでの早口でまくし立てるような歌い方と、サビでのバラード曲のような伸びやかな歌声の使い分けが巧み。

そもそも歌声自体から強い感情が表れていて、田所あずさの表現力を感じる事ができる内容です。

このアップテンポで、この儚さを表現するのは凄いのではないでしょうか。


本作のクオリティの高さは、もちろん演奏陣の優秀さもあるでしょうが、プロデュース担当が斎藤滋というのも大きいのかな、と思います。

基本的には涼宮ハルヒの憂鬱ラブライブ!未来日記などのアニメプロデューサーとしての印象が強い彼ですが、一方で奥井雅美茅原実里ヒャダインのプロデュースを勤めた事もある音楽プロデューサーの一面も。

異なるジャンルのプロデューサーを兼任して、その両方で成功を納めた日本屈指のクリエイターが力を注いだ訳ですから、良い曲にならない訳も無いんですよね。

非常に切れ味が鋭いリズムなのに、それが逆に歌詞とメロディに込められた無力感と切望を強調している素晴しいロックではないでしょうか。


空しさと、強い願いが込められた曲を聴いてみてください。



それでは。





オジー・オズボーン『Mr. Crowley』

今日はOzzy Osbourne『Mr. Crowley』について。


アルバム「Blizzard of Ozz (邦題:ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説)」収録。

この曲は、イングランドHR/HMミュージシャンOzzy Osbourneが1980年に発表したヘヴィメタルです。


ランディ・ローズ(Gt)のギターが大活躍する曲。

激しいのですが品があり、荒々しいようですみずみまで整えられたメロディが特徴的。

ペンタトニックスケールの多用など王道な面もあながら、当時としては数少ない横方向に動くフィンガリングの導入など、稀少な技術が使用されていてユニークです。

そもそもこの時代アグレッシブながら繊細な、こういうネオクラシカルメタルなプレイをしていた人自体が珍しいかったんですよね。

この後イングヴェイ・マルムスティーンがデビューしてからネオクラシカルは一気にメタル界のメジャーなジャンルに出世していきますが、まだマイナージャンルだったこの曲調に到達したのは凄い。

メタル界の歴史的にも意義のある曲ではないでしょうか。
(ちなみにそのイングヴェイ・マルムスティーンは本作をカバーした事があります。)


しかし、メインメンバーのオジー・オズボーン(Vo)も負けない存在感を放っています。

ジーの個性とも言える、ややゆるい発音ながら男らしいが楽曲のメタル成分を濃密に。

こういう綺麗な曲調に綺麗な発音の歌声をのせるとHR/HM曲としては激しさに欠けがちですが、あえてオジーのような退廃系の歌声をのせる事で、曲の均整がとれているように感じます。

HR/HM界屈指の個性派ボーカルとして知られるオジーですが「この味を出せるのはオジーだけ」と多くのメタルファンに思わせる事ができるのが彼の強さ。

ギター&ボーカルの異なる個性のぶつかり合いが本作の真骨頂ではないでしょうか。


独創的で「泣き」のメロディまで楽しめる楽曲を聴いてみてください。



それでは。






シャ乱Q『いいわけ』

今日はシャ乱Q『いいわけ』について。


この曲は日本のロックバンド、シャ乱Qが1996年にリリースしたロックチューンです。

中井貴一田中美佐子瀬戸朝香が出演した事でも知られるドラマ「Age,35 恋しくて」の主題歌としても有名。


シャ乱Qの作品の中でも、特にロック色が強い曲。

速すぎず遅すぎないノリやすいテンポに、歪みのかかったサウンドのギター&ベースがのり、妖しい切迫感を演出しています。

原曲はつんく(Vo)ですが、こういうHR/HMがかったアレンジはどちらかというと、はたけ(Gt)のイメージ。

有無を言わせず前進、という攻撃性がクールな曲です。

この曲の味は、曲は男らしいのに歌詞はナイーブなところ。

「僕がいなくなりゃ 誰が泣くかな」
「寝る前 たまに こんなバカな事とか 考えたりした」

誰もが一度は思った事がありながら、意外と誰も詞にはしていなかったネガティブな想像。

以前B'zの稲葉浩志がB'zの成功の理由を

「ロックのダイナミックサウンドに、僕の小市民的な歌詞がのっている所が新鮮だったんじゃないですか」

と語った事がありますが、シャ乱Qの音楽も同じ香りがする気がします。

真の男らしさには女々しさが混ざるものなのかもしれませんね。笑


非日常的なサウンドに、親近感のある歌詞がのるロックを聴いてみてください。



それでは。






田中理恵『ニンギョヒメ』

今日は田中理恵『ニンギョヒメ』を聴いた感想を。


この曲は日本の声優兼歌手の田中理恵が2002年にリリースしたポップバラードです。

田中理恵本人、杉田智和柚木涼香が声優として出演している事でも知られているアニメ「ちょびっツ」のEDテーマだった事でも有名。


どろりとしながらも、透き通るような美しさを持つ曲。

アレンジ担当はいきものがかり石井竜也とも共演したことでも有名な渡辺善太郎ですが、スローなテンポにアンニュイな音色のギターのエレクトリックピアノがのり、まるで海底の奥のように暗く神秘的な雰囲気が漂っています。

ダークさでは鬼束ちひろDir en Greyのバラード曲に匹敵するのではないでしょうか。


歌い手は田中理恵

GTOガンダムSEED家庭教師ヒットマンREBORN!るろうに剣心ローゼンメイデン斉木楠雄のΨ難……等々、超人気アニメに出演している大物声優ですが、歌声も秀逸。

これでもかというほど儚げ、そしてクリアな歌声で、楽曲に込められた寂しさを最大限に表現しています。

以前GACKTがアニメで声優を勤めた際、声優業の事を「本当に歌と同じ」(どちらも声で感情表現をするという意味で)とコメントした事がありますが、名声優は歌のセンスも鋭いようです。

全体的に、とても完成度が高いバラードではないでしょうか。


ちなみに作詞担当は「ちょびっツ」の原作CLAMPのメンバーの1人、大川七瀬

「銀の明かりがともるそれぞれの部屋」
「きっと何処かにはいると願いながら歩く」

と、運命の人を探し求める孤独なヒロインの心境を切なくどこかリアルに描いた作品になっています。


名作曲&編曲家、名声優、名漫画家の感性が高い次元で融合したバラードを聴いてみてください。



それでは。





ゲイリー・ムーア『The Loner』

今日はGary Moore『The Loner』について。


アルバム「Wild Frontier」収録。

この曲は、北アイルランドのロックギタリストGary Mooreが1987年に発表したハードロックです。


ギターで「歌い」まくっている曲。

インスト曲ですが大胆なほど抑揚のある感情表現をしていて、まるで名バラード曲の歌メロのようです。

使用しているギターはストラトらしいですが、さすがはゲイリー。
並のレスポールを凌ぐほど低~中音域に深みがあります。


この曲のキモはバックのサウンドとの対比。

バックはフェアライトによる打ち込みなので、ある意味「無機質」な音色なのですが、本作の場合ゲイリーのギターは強すぎるぐらい濃い情感を帯びているので、バックはこれぐらいフラットの方がバランスがとれているのではないでしょうか。

月並な言い方ですが静と動のコントラストが魅力的な曲だと思います。


テクニック的にも難易度が高く、大量の小技が散りばめられていて、ギターキッズ泣かせの構造。

実は、もともとはコージー・パウエルのソロアルバム「OVER TOP」に収録されていた曲で、ゲイリーの完全オリジナル曲ではありません。

しかし元は他アーティストの曲を、フィーリング込みでこのレベルまで自分のものにするのは、ギターヒーローの威厳を見せつけてくれます。


コージー曲にゲイリー色を極限まで注ぎ込むで実現した、インスト界の宝物のような曲ではないでしょうか。

2人のロック界の偉人が揃って初めて成り立った曲ですよね。


慟哭のような魂のこもったギターサウンドを聴いてみてください。



それでは。






GLAY『Way of Difference』

今日はGLAYWay of Difference』について。


この曲は、日本のロックバンドGLAYが2002年にリリースしたポップバラードです。

恋愛系バラエティ番組「あいのり」の主題歌だった事でも知られています。

また恋愛番組の主題歌にも関わらず、内容は失恋ソングである事でも一部話題になりました。笑


ふんわりと温かく、少しだけ憂いを帯びたメロディが魅力的な曲。

演奏はバンド演奏を主体にしながらも打ち込みも多用され、生の情感的な音と、打ち込みの整然とした音が綺麗に解け合っています。

ラード曲でもあえてうっすらと歪ませたギターソロが粋。

個人的に好きなのはTERU(Vo)の歌声のキーの高さ。

もちろん低音域も魅力的なボーカリストですが、この何かを願うような切ない曲調には、この必死に歌っているような高さのキーが合っていると思うんですよね。

サビ後半での叫ぶような声は、曲に込められた悲しみをそのまま表したよう。


「傷つけ合わずにはいられずに その痛み互いで治しあっていた」
「何もかもが無駄に見えたあの日々が 今は愛しくて 愛しくて」


21世紀以降にリリースされた彼らのシングルでは最もヒットしたバラードを聴いてみてください。



それでは。