音の日

好きな音楽、その他趣味のこと

ブラインド・ガーディアン『Lord of the Rings』

今日はBlind Guardian「Lord of the Rings」について。


アルバム「Tales from the Twilight World」収録。

この曲は、ドイツのパワーメタルバンドBlind Guardianが1990年に発表したネオクラシカルメタルです。

元「HELLOWEEN」~「GAMMA RAY」のメンバーであるカイ・ハンセンが、ゲスト・ヴォーカルとして参加した事でと話題になりました。

作詞はハンズィ・キアシュ(Vo、Ba)ですが、作曲はハンズィとマーカス・ズィーペン(Gt)による共作。


ド迫力でメロディックで、それでいて計算高い曲。

イントロの激速カッティングの時点でインパクトは充分。

一般的に楽曲においてイントロは、その曲が「どういう曲か」の第一印象を決める効果があると思いますが、このイントロの時点で、聴き手はこの曲に込められた膨大なエネルギー量を連想する事ができると思います。

ギターは特に、二度目の間奏でのツインギターが壮絶。

2本のギターが同じ音階でハモるのではなく、互いに違うメロディで、しかも無理なくナチュラルに絡み合っていく様は至上です。

メロディの良さもさることながら、バッキング、リード共に音数がブラインド・ガーディアン史上最高クラス。

ただでさえテンポが速い曲なのに、その中に音を詰めまくっているので、聴き手の体感的な迫力はピークに達します。

メロディ、音の厚さともに凄まじいギタープレイです。


ポイントはやはり、ハンズィ・キアシュとカイ・ハンセンによるツインボーカル

異なる味、世界観を持つ2人の歌声が、まるで2つの異なる楽器で、同時に同じ主旋律を奏でているようです。

どちらも技術というよりは独特な発声法、声色が売りのタイプのいわゆる「個性派」なボーカルですが、その声で「王道」路線の歌メロを歌われると逆に刺さります。

展開的にもプログレの要素を多分に含んだものの為、緩急が多く、メロディに込められた感情表現を、良い意味で計算して伝えてくれますし、一見ごうかいなようで、非常に緻密なメタルではないでしょうか。



インパクトと冷静さを兼ね備えたHR/HMを聴いてみてください。



それでは。









GLAY&EXILE『Scream』

今日はGLAYEXILE『Scream』について。


この曲は、日本のロックバンドGLAYとダンス&ボーカルグループEXILEが、2005年にリリースしたオルタナティヴメタルです。

日本レコード協会からダブルプラチナを授与された曲としても知られています。

この曲をリリースする1年前の末に、EXILEが「2005年は日本の音楽業界がビックリすることをやりますよ」と語りました。

ファンの間では「何の事だろう?」と話題になりましたが、その内訳は、

当時すでに人気絶頂期を迎えていたダンスグループであるEXILEと、

音楽評論誌において「日本5大ロックバンド」(GLAY、XJAPAN、Luna Sea、L'Arc~en~Ciel、BOØWY)の一角を担うグループと評されるGLAYによる、スペシャルコラボ

という衝撃的な内容でした。


作詞はSHUN、TAKURO、 作曲がTAKURO

詞の世界観は「輪廻転生」。

「何処へ行けば傷つくことはなくなるだろう?」

「まだ探してる」

何度やり直しても、人生にはいつも他人との争い、更にそこから生まれる苦しみがつきまとう。

それでも諦めず幸せになれる新しい居場所を、『Scream(叫び)』のような産声をあげながら探し続ける主人公の人生を描いた詞。

演奏する楽曲は激しくても、人柄は非常に穏やかな事で知られるGLAYEXILEメンバーによく似合う歌詞ではないでしょうか。

(そういえば2グループともチャリティー活動に熱心、という共通点もありましたよね。)


曲調的にはGLAYが普段演奏しているようなロックに、EXILEテイストなR&Bを取り入れたような曲。

HR/HM的な低音域のバッキングに、TERUとSHUN、ATSHUSHIがキャッチーな歌メロをのせていきます。

パートでいえばTERUが高音担当、SHUNとATSHUSHIが中低音を担当。

3人とも日本の「好きなボーカルランキング」の上位の常連メンバーですが、素晴らしいのは「食い合い」にはならず、むしろお互いの良い所を引き出しあっているところ。

特にATSHUSHIはアマチュア時代にGLAYコピーバンドでボーカルを担当していた位のGLAYファンのだった為か、いつも以上に歌声に気合いが入っているのように聴こえます。笑

ちなみにTERUの方もこのコラボでEXILEのダンスに感化されたらしく、TAKUROに「EXILEのメンバーってダンスを教えたりしないのかな?」「オレも習おうかな」とプライベートで相談のメールを送ったとのこと。笑

「(もしまたコラボするとしたら)歌うよりは踊りたいです! 」 by TERU

お互いに相手の才能から良い刺激を受け取ったようですね。

実はリリース前の段階では双方のファンから「コラボなんて不満だ」という声も、一部ではあったもよう。

しかしいざ発表するとファン達から「かっこ良すぎてビックリした」という書き込みが殺到したそうです。

GLAYファンとEXILEファン、どちらが聴いてもハマれる化学反応を示した楽曲だと思います。

「有名アーティストの共作」の成功例のひとつと言える作品ではないでしょうか。


ちなみに個人的にはPVでの、GLAYの奏でるギターソロとEXILEのダンスがシンクロするパートが好きです。

曲を紹介しておいてなんですが、この曲はPVの方がオススメです。笑



それでは







シギ『輝いた』

今日はシギ『輝いた』を聴いた感想を。


この曲は日本の女性シンガー・ソングライターシギが2009年にリリースしたロックチューンです。

杉田智和阪口大助釘宮理恵が声優として出演している事でも知られるアニメ「銀魂」のEDテーマとしても有名な曲です。


ロック調ながら、とても透明感のある曲。

アップテンポですが、部分的に入るピアノ、メロディ、そしてシギ自身のクリアな歌声のおかげで、激しすぎない迫力を持って、聴き手に心地良い臨場感を与えてくれます。

サビの最高音部でのファルセットが巧み。

キーの高さもさることながら、声色が自然で、タイトルの通り「輝いた」ような鮮やかさを放っています。

作詞・作曲ともに彼女ですが、シンガーとしての彼女の表現能力も感じられる曲です。


ファンから特に評価されているのが歌詞。

「体交われど 血は交われず 僕等いつもひとりぼっちに涙してた」
「だけど、ふたりだから手を繋ぐこと」
「違う体温と感じあえて孤独は消えていくんだね」


シギ本人いわく
「友情も愛情も埋められない孤独を持つからこそ、求め合い奮い立ち共に走り出せる」
という想いをこめた詞。

銀魂」のタイアップという事で、アニメの世界観に合わせた詞にしたそうですが、「銀魂」を見ていない人でも、孤独感に襲われている中、そばにいる誰かに救われた事がある人には、優しく響く詞ではないでしょうか。

「君は言った「正解なんてあとからついてくればいい」」

というフレーズは、先の見えない不安と戦い、疲れている人に穏やかさを与えてくれます。

曲調は少しピリッとした雰囲気のあるシリアスな佇まいなのに、聴き終わった後には安心感が残る、という不思議なニュアンスを持つロックです。

激しすぎるライブパフォーマンスからレーベルの先輩である「いきものがかり」の吉岡聖恵からは「独特の世界観」と評される彼女。

そのハードさの中から、そっと顔を覗かせる包容感が彼女の音楽の本質なのかもしれませんね。


軽やかなリズムに混ざる、翳のあるメロディの曲を聴いてみてください。



それでは。





ヴァン・ヘイレン「Dreams」

今日はVan Halen『Dreams』について。



アルバム「5150」収録。

この曲は、アメリカのHR/HMバンドVan Halenが1986年に発表したハードロックです。

名ロックバンド「フォリナー」のギタリスト、ミック・ジョーンズがプロデュースを手掛けた事でも話題になりました。

タイトルの通り、人生に夢を持つ事の意味を表現した曲。

「流した涙を集めて取っておくんだ」
「あぁ 、そいつらが夢を作るんだよ」

目標を追っている内に感じた悔しさや、挫折。

それらを「気にするな」とも「忘れろ」とも言わず、「忘れなければその悔しさは、必ず次に活かせるよ」と、失敗も含めて自分の力にできるというメッセージが綴られています。

もし同じ言葉を、特に夢も何も叶えていないその辺のおじさんが言ったら、説得力に欠けるのかもしれません。笑

しかし当時すでにヴァン・ヘイレンは世界的ロックバンドとして名を馳せていました。

その彼らがこの言葉を語る事には、一定の重みがあるような気がします。

こういう頑張る人の背中を押すようなメッセージソングは、90年代以降の日本ミュージシャンにも通じる所がありますよね。


この曲で光るのは、なんと言ってもエディ(エドワード・ヴァン・ヘイレン)のギタープレイ。

ソロパートが2度あり、1stソロはメロディアスに、2ndソロはテクニカルに、という印象。

特に2ndでのタッピングの多用は、エディ「らしさ」が前面に出たプレイ。

テクニカルなのに不思議と、それをひけらかしているようには聴こえないのが、彼のプレイのかっこいい所です。

さりげにマイケル・アンソニー(Ba)のベースも味があり、絃楽器でありながら、ピアノ曲のような音の動かし方をしています。

エディのプレイがとても派手な為に埋もれがちですが、彼のプレイも一聴の価値ありではないでしょうか。

もちろんサミー・ヘイガー(Vo)の太い声でのハイトーンシャウトもキレキレ。

デイヴィッド・リー・ロスの個性派の歌声も良いですが、技巧派の彼の歌唱はこの曲との相性が特に良いと思います。

一見ストレートな「ポップの性格を含むハードロック」なようで、細やかな技巧が散りばめられているのが本作の魅力です。


キーボードの多用など「Jump」の流れもくんでいるので、「「Jump」は好きだけど、この曲はまだ聴いてないな」という人には聴いてみてほしい曲ですね。



それでは。






KAT-TUN『Real Face』

今日はKAT-TUN『Real Face』について。


この曲は、日本の男性アイドルグループKAT-TUNが2006年にリリースしたポップロックです。

シングル・オブ・ザ・イヤー(第21回日本ゴールドディスク大賞)受賞曲。

また、ザ・ベスト10シングル(第21回日本ゴールドディスク大賞)を授与された事でも有名です。

リリースの1年前に、メンバーの亀梨和也赤西仁が大人気ドラマ「ごくせん2」に出演していて、さらには作詞者にスガシカオ、作曲者にB'zの松本孝弘というビッグネーム2人を迎えた事で、発売前から話題性も充分。

類稀なレベルの大ヒット作になりました。

デビューシングルの3週連続首位は、KinKi Kids「硝子の少年」(1997年)以来8年8か月ぶりの快挙とのこと。


「新しいシャツ脱ぎ捨てて」
「ずぶ濡れになった火曜日を笑いたきゃ笑えばいい」

挑戦、開拓の為なら、他人にバカにされても構わない、という歌詞がかっこいい。

「火曜日」というのは、新しい週が始まったばかりの日。

おそらく「始めたばかりの挑戦で、失敗したからとくよくよする事は無い」という意味だと思いますが、メンバーの若く荒々しさが残る歌声と綺麗にマッチしていると思います。

アイドルグループとしてはやや硬質な歌い方が彼ららしさですよね。


楽曲的にも、一般のジャニーズグループは軽めのサウンドでストリングスを多用したマイルドな作品が多いの対し、硬い音色のギターを主体としたロックテイストになっているのが特徴的。

ラップパートも、これ自体は他のアイドルグループにもありますが、柔らかな日本のラップというより、海外のワルっぽいラップのスタイルを導入しているのは画期的ではないでしょうか。


けれど、やはり松本孝弘らしいとうか、ただ激しいのではなく、音階はやはりメロディアス。

歌メロもどこかB'zを連想させる、アクティブながらも滑らかさに重きを置いた、聴かせる旋律になっています。

ロック+ラップ+アイドル歌謡、多様なジャンルがナチュラルにバランスを取り合う、さしずめ「ジャニーズ系ミクスチャーロック」と言えるKAT-TUNの個性が凝縮された曲だと思います。



少年らしくも男らしい曲を聴いてみてください。



それでは。






ケツメイシ『さくら』

今日はケツメイシ『さくら』を聴いた感想を。


この曲は日本の音楽グループ、ケツメイシが2005年にリリースしたヒップホップです。


リズムにはヒップホップの勢いがありながら、バラードのような雰囲気が漂う曲。

ビートは聴いていると踊りたくなるように明るいですが、メロディはしっとりとしていて非常にデリケートです。

対してコード進行とリズムはほとんど一定で、同じような流れを繰り返しています。

聴き手がより歌メロに没頭しやすいような曲構造、というイメージでしょうか。

海外ヒップホップグループは、どちらかと言うとリズムの勢い、迫力で魅せようとするパターンが多いと思いますが、あくまで歌メロの情感、流麗さで聴かせようとする向きは、歌謡曲文化が根強い日本のミュージシャンらしさですよね。


詞もメロディと同じくらい切ないです。

「あの日以来 景色変わらない」
「散りゆく花びらは語らない」
「さくらの下に響いた 君の声 今はもう」

主人公が「桜の景色は変わらないけれど、恋人はもういない」と途方にくれる様子が描写されています。

ここで切ないのは、桜が一度散ってしまって辛い思い出を忘れられても、次の同じ春の頃にはまた同じ風景を見て思い出してしまう事ですよね。

諸行無常」とか「万物は流転する」とは言いますが、人の心の深い所にある感情はなかなか変わる事は無く、変わるとしても長い長い時間をかけてでしか変われないもの。

多くの人が心の中に1つは持つ「忘れられない悲しい思い出」の部分と共感できる詞だと思います。

前述した「同じようなコードとリズムを繰り返す」部分も「繰り返し思い出してしまう記憶」を表現しているものだとしたら、それもまた情緒的ですよね。


ちなみに井上苑子によってカバーされた事でも知られています(映画『ReLIFE リライフ』EDテーマ)。

原曲とはまた違うフレッシュさがあるバージョンになっているので、興味がある人は聴いてみてください。



それでは。





デフ・レパード『Photograph』

今日はDef Leppard『Photograph』について。


アルバム「Pyromania」収録。

この曲は、イギリスのロックバンドDef Leppardが1983年に発表したハードロックです。


イギリスのバンドの楽曲でありながら、LAロックのように陽気な曲。

とても爽快で茶目っ気があって、ノリが良くて…それでいてほのかに叙情性も漂っています。

リフがとても軽快。

HR/HMとポップスの間のような音色で、HRのパワフルさとポップスの安心感が、心地良い割合で融け合っています。

このリフサウンドだけでこの曲の世界観を体現しているかのようです。


ですが単に明るい曲、という訳でもありません。

サビに入るとジョー・エリオット(Vo)の力強くも柔らかな歌声で、やや寂しさを感じるメロディに様変わりします。

このバンドのお家芸である厚いコーラスが、歌メロから伝わってくる感情量を増幅。

声が増えて賑やかなのに、かえって孤独感が増すイメージです。

リズムはズンズン迫ってくるのに、メロディは悲しげというのは、後のボン・ジョヴィに通じるような流れですよね。


好印象なのは、スティーブ・クラーク(Gt)の奏でる美しいアルペジオ

歌声とコーラスのバックで、まるで美味しい隠し味のようにさりげなくボーカルを支えています。

HRギターとしては、そうテクニカルなプレイではありませんが(ヤングギターでは象マーク)、聴き終わった後にも暫くこちらの頭の中に残り続けるような渋い存在感があるアルペジオと思います。

この曲で歌っているのはボーカルだけでは無い、という事ですよね。


Def Leppard知名度を一気に広めた大ヒット作を聴いてみてください。



それでは。