音の日

好きな音楽、その他趣味のこと

KinKi Kids『ボクの背中には羽根がある』

今日はKinKi Kidsボクの背中には羽根がある』について。


この曲は、日本のアイドルデュオKinKi Kidsが2001年にリリースした曲で、個性的な構成が印象的なポップロックです。


ドラマ「向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~」の主題歌。

また日本レコード協会から、トリプル・プラチナを授与された曲としても知られています。


歌詞はラブソングですが、描写が独特。


「君を抱いて空も飛べる 嘘じゃないよ」
「今“幸福”(しあわせ)に触ったみたい」


幸福になった、でも感じたでも無く「触った」という表現は珍しいのではないでしょうか。


温かくも、オリジナリティのある歌詞だと思います。


演奏には民族楽器を用いられていて、良い意味で日本っぽくありません。

メロディはキャッチーですが、少し哀愁が込められていて品があります。


彼らの楽曲の中でも、大人っぽい雰囲気だと思います。


実は作詞者にあの松本隆、作曲者に織田哲郎、という超豪華な顔ぶれが起用された曲。


特に織田哲郎はこの曲を気に入っているのか、自身のアルバム「MELODIES」にてセルフカバーしています。


KinKi Kidsの方向性を変えた」という評価に相応しいクオリティの曲ではないでしょうか。


トップアイドルと実力派コンポーザーが生み出した本格的なポップスを、是非聴いてみてください。



それでは。







B'z『Time』

今日はB'z「Blowin’」の2nd beat『Time』を聴いた感想を。


この曲は、日本の音楽ユニットB'zが1992年に発表した曲で、儚げな曲調が印象的なロックバラードです。


サウンドはHR/HMに近いほどハードですが、メロディはポップ。


ポップと言っても明るいものでは無く、むしろやや暗めで切ないです。


良い曲なのにカップリング曲なのは、そのあたりが理由なのかな、と個人的には思います。


歌詞は孤独感に満ちたもの。


「逃げ出したくなるような夜に 抱きしめていてくれるのは誰」
「つまらないことでいっしょに いっしょに笑いあえるのは誰」


別れた恋人に「あなたが居なくなれば、誰がこの寂しさを癒してくれるのだろう」と嘆く主人公の心境が表現されています。


ダークなメロディに似合う、悲しい歌詞です。


ちなみに、曲中に出てくる「港が見渡せる丘」とは、作詞者の稲葉いわく「自分の思い出の風景を切り取ったもの」とのこと。


形式上は「2nd beat」扱いですが、ファンからは根強い人気がある曲。


ベストアルバム投票では、5位になり収録された他、「2nd beat」の中では最多の3作のアルバムに収録されています。


また人気のせいかは知りませんが、何故かオリコンチャートでは、両A面扱いで発表されていたり。笑


最高のカップリング曲を是非聴いてみてください。



それでは。






プリンセスプリンセス『M』

今日はプリンセスプリンセス「Let’s Get Crazy」収録曲『M』について。


この曲は、日本のロックバンドプリンセスプリンセスが1988年に発表した曲で、しっとりしたメロディが印象的なポップバラードです。


ミリオン達成曲。

元々作曲者の奥居香は、「ロックっぽさ」をプリンセスプリンセスに求めいて、それにそぐわない、という理由でこの曲をアルバムから外す予定でした。

しかし周囲のスタッフから「入れましょう」と止められて本作を収録した、というエピソードがあります。


曲は、可愛らしくも美しいもの。

Vo.岸谷香の感情豊かな歌声と、大きく盛り上がるところも下がるところも無い、フラットな曲調のギャップ感に味があると思います。


成功するバラード曲の、王道を行く構成ではないでしょうか。


歌詞は別れた恋人への想いが綴られたもの。


「星が森へ帰るように」
「自然に消えてちいさな仕草も いつまでも」
「あなたしか見えない 私も」


一見ピュアにも見えるフレーズですが、実は作詞者の冨田京子(Dr)が、イニシャル“M”の男性と破局し、その“仕返し”のつもりで書いたものとのこと。

男性からすれば恐ろしい歌詞ですよね。笑


一般的には恋人への未練は、女性よりも男性の方が強いイメージだと思いますが、こういう歌詞を女性ミュージシャンが書いた、というのはユニークな例な気がします。


それを全国民に向けて歌われた男性側からすれば、たまったものではないのかもしれませんが。笑


昔の恋人への恨みを胸に聴いてみるのも良い曲ではないでしょうか。笑



それでは。






Cascade『Sexy Sexy,』

今日はCascade『Sexy Sexy,』を聴いた感想を。


この曲は、日本のロックバンドCascadeが2000年にリリースした曲で、神秘的な雰囲気が特徴的なポストパンクです。


アニメ「学校の怪談」のEDテーマ曲としても有名な曲です。


歌詞は艶やか。

「ねぇ?部屋にこない?」
「ナイショのハナシ 聞かせてあげる」

「ふらちな夜に心も濡れた」
「時はもどせない」

この歌詞の曲を、少年向けのアニメで流したのは凄い笑


しかし不思議と下品に感じないのは、曲が本格的だからでしょうか。


曲調はノリが良くも、ミステリアス。


メロディは柔らかくポップ色が強いのですが、リズムが個性的です。

ダンスミュージックの要素もある曲ですが、それでも明るい曲ではなく、バックのメロディはダークで、かえって綺麗なネガティブささえ感じます。


学校の怪談」に合うスリリングな曲ですが、むしろ大人こそ聴き応えを感じる曲ではないでしょうか。


ネットには外国人のカラオケ動画がある程、17年たった今でも幅広い層から、根強い支持を持つ曲です。


非日常感のある音楽が好きな人にオススメしたいですね。



それでは。






AZRAEL『Behind the Mask』

今日はAZRAEL「King of the Steely Nation 」収録曲『Behind the Mask』について。


この曲は、日本のパワーメタルバンドAZRAELが2001年に発表した曲で、パワフルなリズムとデリケートなメロディが特徴的なメロディックスピードメタルです。


とにかくメロディの展開が素晴らしい曲です。


始めは、哀しげながらキャッチーなイントロが流れ、リスナーの耳を惹き付けます。

そこから一瞬のタメを置いて、少し儚さのあるAメロに。


そこからしばらくは、陰のある雰囲気の曲調が続きますが、聴きどころはサビ。


雲が晴れるように、穏やかなメロディに入ります。


これまでのやや暗い雰囲気は、全て前フリだったのではないか、とさえ思う程です。


バックのコーラスが、曲の勇壮さを際立たせてくれています。


Vo.AKIRAの、日本人離れした金属的なハイトーンVoもかっこいい。


全体的には、Galneryusが好きな人ならハマりそうな曲ではないでしょうか。


アルバムのオープニングに相応しい、芯の強い曲だと思います。


ハイスパートなビートにのる希望のメロディを、是非聴いてみてください。



それでは。







福山雅治『虹』

今日は福山雅治『虹』について。


この曲は、日本のシンガー・ソングライター福山雅治が、2003年にリリースした曲で、軽やかなリズムとホットなメッセージ性が印象的なポップロックです。


ミリオン達成曲。
ドラマ「WATER BOYS」の主題歌としても有名な曲です。


曲調は、夏を思わせるようにカラッとしたもの。(日本の夏はジメッとした所も多いですが笑)


ノリの良いリズムに、福山の優しい歌声が乗って、ふんわりと聴き手の心に寄り添うような雰囲気があります。

さらに、Aメロはスピーカーの右チャンネルからだけ歌声が流れ、サビでは両方から歌声を流す、など細かな工夫も導入されてます。


「製作期間に1年以上かかった」ことに相応しい完成度の曲ではないでしょうか。


歌詞のテーマは「越える」。


「いま僕は行くのさ」
「イメージの向こう側へ 僕の向こうへと」


J-POPの歌詞には「夢を叶えよう」という系統の歌詞が多いと思いまが、こういう「理想を越えて、さらに向こうへと」とまで言う歌詞は珍しいと思います。


歌詞はタイアップが決定した後に書かれたそうなので、「WATER BOYS」の内容に合わせたものだと思いますが、目標に向かって頑張る全ての人に響くフレーズではないでしょうか。


そして理想だけじゃなく、


「僕がいつか虹を手に入れるその時」
「君は笑ってくれるのかな」


「自分の喜びを、大切な人と分かち合いたい」という想いが描かれています。


理想を叶えるのは嬉しいですが、それを共に喜べる人がいれば、喜びは強くなるもの。


目標と、大事な人両方への愛が詰め込まれた向けられた熱い歌詞です。


彼の書く恋愛一本の歌詞も良いですが、こういう様々な愛を表現する歌詞も良いですよね。


辛いことを乗り越えたい時に、自分を鼓舞する為に聴いてみるのも良い曲ではないでしょうか。



それでは。






Janne Da Arc『Shining ray』

今日はJanne Da Arc『Shining ray』を聴いた感想を。


この曲は、日本のロックバンドJanne Da Arcが2002年にリリースした曲で、きらびやかなメロディが印象的なポップロックです。


アニメ「ONE-PIECE」の元EDテーマ曲。
また彼らの、シングル曲としては初めてTOP10入りを果たした曲でもあります。


作詞者はVo.yasuで、歌詞の内容は前向き。


「小さな勇気から 大きな物手にした」
「「願い」を今こそ「誓い」に変えて」


yasuの歌詞といえば、他の楽曲では
「シャレにならない もう笑えない ウワサがリアルさを増し…。」

「あの頃にはもう戻れない 後戻りはしたいけど・・・」
など、非常にネガティブな内容のものが多いのですが、この曲ではまるで別人のようにポジティブな詞を書いています。


「ONE-PIECE」の内容に合わせたものだと思いますが、普段と真逆に近い世界観の歌詞でも自然に表現できるのは、yasuの作詞者として才能ですよね。


曲調は、朗らかです。


明るいリズムにのる、優しい歌声が最高。

A~Bメロまでは中性的な声ですが、サビは遠くに向かって語りかけるような声で歌われています。

歌メロ自体も、柔らかで聴き心地が良いと思います。


バック流れるのは、彼らのもち味の丁寧な演奏。


Gtが奏でる美しい音の粒が、楽曲の明朗さを思い切り際だたせてくれています。

どこを切り取っても、メロディアスさが残る曲ではないでしょうか。


軽快でそれでいて重厚という、ジャンヌならではの個性的なポップに仕上がっていると思います。


上品な爽快感を感じたい人にオススメの曲です。



それでは。