音の日

好きな音楽、その他趣味のこと

GLAY『誘惑』

今日はGLAY『誘惑』を聴いた感想を。


この曲は、日本のロックバンドGLAYが、1998年にリリースした曲で、スピード感とメリハリのある展開が特徴的なロックチューンです。


彼らが複数持つ、ミリオンセラー楽曲の1つで、1998年度のオリコン年間シングルランキングで、1位を獲得しました。


また、株式会社TDKのキャンペーンソングとしても知られています。


イントロのギターが、かっこいいです。

まるでハードロックのような、パワフルさがあります。

出だしの、ドラムソロの音圧も凄まじいですね。


バッキングのギターも、ザクザクとして非常にキレがあります。


そこから入るギターソロは、名ソロです。

余分な音が無くキャッチーで、速いテンポも相まって、迫力と美しさを兼ね備えた、素晴らしいメロディになっています。

このソロを聴くだけでも、この曲を聴く事の意味があるのではないでしょうか。


日本のメジャーな曲としては激しい曲ですが、TVやラジオ等のメディアにも、よく取り上げられる曲ですので、サビだけでも聴いたことがある、という人は多い曲だと思います。


「これからGLAYの曲を聴いてみたい。」という人は、部分的でも、既に知っている曲から入った方が馴染みやすいと思うので、まずはこの曲から聴いてみるのも良いかもしれませんね。


それでは。