音の日

好きな音楽、その他趣味のこと

Luna Sea『I For You』

今日はLuna Sea『I For You』について。


この曲は、日本のロックバンLuna Seaが、1998年にリリースした曲で、重い音と柔らかなメロディが印象的な、ロックバラードです。


ドラマ「神様、もう少しだけ」の主題歌。
また、「Luna Seaが唯一、紅白歌合戦で演奏した曲」としても知られます。


曲調も、初期のファンからは、「この辺りからLuna Seaの路線が変わった」と評される程キャッチーです。


原曲は、Gt.SUGiZO
本人いわく、「美しいメロディなのに、汚いギター、ということにしたかった。」とのこと。

管理人的には、汚いとは全く思いませんが。笑


歌詞の世界観は、個人的な解釈では、「愛するからこその葛藤」をテーマにしたもの。


実は、この楽曲の制作中に、彼らの兄貴分にあたるミュージシャン、XJAPANのHIDEが不幸にも亡くなってしまう、という事件が起こりました。


HIDEとLuna Seaのメンバーは、プライベートでも非常に仲が良いことでも知られていますから、相当な衝撃だったと思います。


SUGIZORYUICHIいわく、この曲の歌詞には、「HIDEさんへのメッセージソングとしての解釈を施した。」。


こういうエピソードを知ると、曲の聞こえ方が変わってくると思います。


「自分のどんな悲しみ、苦しみも音楽に昇華する」という姿勢が、彼らの偉大さの所以なのかもしれませんね。


それでは。